2/4~2/10、経済指標発表による、為替影響予報

※本記事はPRを含みます

!!当記事は、機械学習技術を応用した実験的記事です。チラシ裏の落書き程度に思ってください。!!

各通貨の値動きに影響ありそうな経済指標を通貨ごとにピックアップしました。

ドル円

アメリカのISM非製造業景気指数、新規失業保険申請件数、卸売売上高、卸売在庫などのデータが発表されます。これらの指標は、アメリカの経済状況を反映しており、予想より良好な結果が出ればドルが強まる可能性があります。

日本の毎月勤労統計-現金給与総額、全世帯家計調査、景気先行指数、景気一致指数などのデータも注目です。これらの指標は、日本の経済状況を示しており、予想より良好な結果が出れば円が強まる可能性があります。

ユーロ円

ユーロ圏のユーロ圏サービス業PMI、ユーロ圏生産者物価指数(PPI)、ユーロ圏小売売上高などのデータが発表されます。これらの指標は、ユーロ圏の経済状況を反映しており、予想より良好な結果が出ればユーロが強まる可能性があります。

日本の経済指標と同様に、これらのデータが円に影響を与える可能性があります。

ユーロポンド

ユーロ圏の経済指標に加えて、イギリスのサービス業PMI、建設業PMI、BRC既存店売上高(前年比)などのデータが発表されます。これらの指標は、イギリスの経済状況を反映しており、予想より良好な結果が出ればポンドが強まる可能性があります。

AUDNZD

オーストラリアの貿易収支、小売売上高、豪中銀政策金利などのデータが発表されます。これらの指標は、オーストラリアの経済状況を反映しており、予想より良好な結果が出ればオーストラリアドルが強まる可能性があります。

ニュージーランドの雇用者数、失業率などのデータも注目です。これらの指標は、ニュージーランドの経済状況を示しており、予想より良好な結果が出ればニュージーランドドルが強まる可能性があります。

以上が、今週の経済指標から各通貨ペアの値動きに影響のある指標とその解説です。