今週の影響のありそうな経済指標(2024年1月第4週)

※本記事はPRを含みます

!!当記事は、機械学習技術を応用した実験的記事です。チラシ裏の落書き程度に思ってください。!!

今週の各通貨の値動きに影響ありそうな経済指標を通貨ごとにピックアップしました。

ドル円

  • 今週のドル円の変動要因となる指標は、米国の実質GDP(速報値)、耐久財受注(速報値)、新築住宅販売件数などです。これらの指標は、米国の景気動向やインフレ圧力を示す重要な指標であり、予想を上回ればドル高円安、下回ればドル安円高の動きが見込まれます。
  • また、日本の日銀政策金利や東京消費者物価指数も注目されます。日銀は現行の金融緩和政策を維持すると見られていますが、植田総裁の記者会見での発言によっては、円相場に影響を与える可能性があります。東京消費者物価指数は、日本のインフレ動向を示す指標であり、前年比でマイナスになると予想されています。これは、日銀の2%の物価目標に対する達成度が低いことを意味し、円安要因となる可能性があります。

ユーロポンド

  • 今週のユーロポンドの変動要因となる指標は、欧州の消費者信頼感指数(速報値)、製造業PMI(速報値)、非製造業PMI(速報値)、ECB政策金利などです。これらの指標は、欧州の景気やインフレ、金融政策の方向性を示す重要な指標であり、予想を上回ればユーロ高ポンド安、下回ればユーロ安ポンド高の動きが見込まれます 。
  • また、英国の公共部門ネット負債、製造業PMI(速報値)、非製造業PMI(速報値)も注目されます。これらの指標は、英国の財政状況や景気動向を示す指標であり、予想を上回ればポンド高ユーロ安、下回ればポンド安ユーロ高の動きが見込まれます 。

ユーロ円

  • 今週のユーロ円の変動要因となる指標は、上記の欧州の指標と日本の指標の組み合わせです。欧州の指標が予想を上回り、日本の指標が予想を下回ればユーロ高円安、逆に欧州の指標が予想を下回り、日本の指標が予想を上回ればユーロ安円高の動きが見込まれます。
  • また、日欧の中央銀行の発言や政策姿勢もユーロ円に影響を与える可能性があります。日銀は金融緩和政策を維持すると見られていますが、植田総裁が賃金と物価の好循環について自信を示す場合は、円高要因となる可能性があります³⁴。ECBは政策金利を据え置くと見られていますが、ラガルド総裁が早期の利下げ期待をけん制する場合は、ユーロ高要因となる可能性があります 。

AUDNZD

  • 今週のAUDNZDの変動要因となる指標は、ニュージーランドの消費者物価指数と豪州のNAB企業景況感などです。これらの指標は、ニュージーランドと豪州の景気やインフレ動向を示す指標であり、予想を上回ればNZD高AUD安、下回ればNZD安AUD高の動きが見込まれます 。
  • また、豪州のWestpac先行指数や中銀政策金利も注目されます。これらの指標は、豪州の景気や金融政策の方向性を示す指標であり、予想を上回ればAUD高NZD安、下回ればAUD安NZD高の動きが見込まれます 。

以上が、今週の経済指標から各通貨ペアの値動きに影響のある指標とその解説です。