今週の影響のありそうな経済指標(2024年1月第5週)

※本記事はPRを含みます

!!当記事は、機械学習技術を応用した実験的記事です。チラシ裏の落書き程度に思ってください。!!

今週の各通貨の値動きに影響ありそうな経済指標を通貨ごとにピックアップしました。

ドル円

米国では、1/31にFOMCの金融政策決定会合があります。市場では利上げの可能性は低いと見られていますが、パウエル議長の発言に注目が集まります。インフレや雇用の状況に応じて利上げペースを変えるという姿勢を示すかどうかが重要です。また、2/2には雇用統計が発表されます。非農業部門雇用者数や失業率、賃金の伸びなどが市場の期待を上回れば、ドル高円安になる可能性が高いです。逆に、期待を下回れば、ドル安円高になる可能性が高いです。

ユーロ円

欧州では、1/29に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の講演があります。ECBは先週の金融政策決定会合で、量的緩和(QE)の終了を改めて確認しましたが、インフレ見通しや経済成長見通しを下方修正しました。ドラギ総裁は、景気減速や政治リスクに対する懸念を強調するかどうかが注目されます。懸念を強調すれば、ユーロ安円高になる可能性が高いです。逆に、慎重な楽観を示せば、ユーロ高円安になる可能性が高いです。

ユーロポンド

英国では、2/1に製造業PMIが発表されます。これらの指標は、英国経済の先行きを示す重要なものです。ブレグジットの不透明感や世界的な景気減速の影響で、英国経済は減速傾向にあります。PMIが市場の予想を下回れば、ポンド安ユーロ高になる可能性が高いです。逆に、予想を上回れば、ポンド高ユーロ安になる可能性が高いです。

AUDNZD

オーストラリアでは、1/30に消費者物価指数(CPI)が発表されます。CPIはインフレの動向を示す重要な指標です。オーストラリア準備銀行(RBA)はインフレ目標を2~3%としていますが、現在はそれを下回っています。CPIが市場の予想を上回れば、RBAの利上げ観測が高まり、豪ドル高NZドル安になる可能性が高いです。逆に、予想を下回れば、RBAの利下げ観測が高まり、豪ドル安NZドル高になる可能性が高いです。

以上が、今週の経済指標から各通貨ペアの値動きに影響のある指標とその解説です。