GMOクリック証券のCFD口座を開設

どうも、つっちーさんです。

クリック株365の英国株価指数FTSEで年間約10%の配当をもらう投資を行っていますが、この度、クリック株365の規約が変わり、2021年の4月からポジションを最大1年間しか持てないルールに改悪されてしまったため、移行先にGMOクリック証券のCFD口座を開設してみました。

ちなみに今までクリック株365で行っていた投資方法は、20万円で1ポジションを「買い」で持って1年間に22,000円程の配当をもらう投資方法です。

この投資法を行う人が多すぎて、今回のルール改悪につながってしまったと考えられます。
なので、それほど有力な投資方法でもあったのでしょう。

では、まずクリック株365とGMOクリック証券の比較をしてみましょう

クリック株365

GMOクリック証券

名称

FTSE100

英国100

取引通貨

日本円

英国ポンド

取引価格

株価指数×100

株価指数×英国ポンド

対円価格×0.1

スプレット

51ポイント

3.8ポイント

レバレッジ

28倍

10倍

最低取引数量

1枚

1枚

必要証拠金

26,000円

約10,000円前後

配当

配当金-金利調整

価格調整額

配当利回り

3.16%

3.9%

配当月

毎月

年4回

比べてみるとそんなの大きな違いはありませんが、取引通貨が英国ポンドになる為、為替の影響を受けます。
では、メリットを一つづつ見ていきましょう

取引価格が小さいので始めやすい or 追加投資しやすい

取引価格がクリック株365の1/10なので、一枚あたりの投資必要額が少なく、はじめやすく、追加投資もしやすいというメリットがあります。

スプレットが小さい

スプレットが狭いのでこの辺りが魅力的ですね
(スプレットが狭いと、買い価格と売り価格の差が小さくなり、例えば、クリック株365だと1枚買った瞬間に5,100円のマイナス評価額になるが、GMOだと530円程のマイナス評価額になるので、精神的負担が少なく、決済時の利益が有利)

取引手数料が無料

取引手数料がクリック株365は片道153円かかるが、GMOクリック証券は無料!

利益幅について

値上がり時の1枚あたりの利益について
クリック株365は、100ポイント上がった時10,000円の利益ですが、GMOクリック証券は取引額が1/10なので、1,400円の利益です。(取引価格×140(ポンド対円価格を140円と仮定)÷0.1)
逆に100ポイント下がった時は、-10,000円、-1,400円となります。

ポジション保有期間(2021年以降)

クリック株365は2021年度からポジションの保有期間が最大で1年となり、期限が切れると強制決済となります
なので、持っていたポジションの評価額がマイナスだろうと強制的に赤字決済されます。
その点GMOクリック証券はそのような事はなく、ずっとポジションを保有してられます。

結論!大きな違いはないが、GMOクリック証券の方がメリットが大きい

では、クリック株365と同等の配当額を得るには、いくつ枚数を持てばいいか検証していきます。
まずクリック株365では、1500ポイント程の値下がり分を考えて1枚あたり20万円投資してきました。
この場合の配当額は年間約22,000円で(金利を引いた額)、期待できる利益は年利約10%です。
GMOクリック証券の場合はまず、取引価格が1/10なので、そのまま10倍の枚数(10枚)を買えばいいかと言うと、ちょっと違います。
理由は、クリック株355は日本円で投資しますが、GMOクリック証券は英国ポンドで投資するため10枚買うと、必要投資資金が増えてしまいます。
では、適正投資額を計算してみましょう
まず、ポンドの対円価格を140円
現在の英国100の価格が7400と仮定して計算していきます。
まず一枚買う時の必要証拠金です。
7400×140円÷10×0.1=10,360円
値下がり想定ポイント1500ポイント
1500×140×0.1=21,000円
1枚あたりの必要投資資金
10,360+21,000=31,360円
必要投資資金は、31,360円となりましたが計算しづらいので32,000円とします。
つぎに1枚あたりの配当額を見ていきましょう。
配当額は2018年のものを参考にします。
2018年は約3700円の配当がありましたので、32,000円投資した場合、年率11.5%となります。
では、クリック株365と同じ年22,000円の配当を受けるには何枚必要かそして、必要投資金額を計算してみます。
22,000÷3700=5.9
四捨五入して6枚とします。
必要投資資金32,000円×6枚なので
192,000円が必要投資金額となりました。
なので、GMOクリック証券でクリック株365と同じ配当利率を求めた場合6枚で同じ配当金がもらえることがわかりました。

最後に色々比較や計算をした結果、FTSE100で配当を貰い続けるには、将来を見据えてGMOクリック証券の方が良いですね!