ETF投資って何?ETF現物、トライオートETFの自動売買(マネーハッチ)どっちがいいの?を考察してみた。

こんにちは、つっちーさんです。

皆さん「ETF」って知ってますか?
「高速道路を走る際に料金を払うやつ?」
「・・・それは、ETC」
「ETF」とは、「Exchange-Traded Fund」の略で、日本語に訳すと「上場投資信託」となります。

投資信託は聞いたことありますよね?
投資信託とは、簡単に言いますと資産運用の専門家(証券会社)が投資家からお金を集めて、個人投資家の代わりにプロが資産運用してくれる金融商品です。
プロにも得意不得意があるため、それぞれが得意な分野で資産運用を行うため、星の数ほどの沢山の商品(ファンド)があるわけです。
では、投資信託とETFの違いは何かと簡単に言いますと、スーパーでりんごを買うか、市場から買うかの違いです。
要は、スーパー等でりんごを買うとき、お店は利益を上乗せしますよね?
IMG_6649
これを投資信託に当てはめますと、証券会社から投資信託の商品を買う時に販売手数料を購入価格の数パーセント取ります。これが証券会社の利益となります。
ETFの場合、市場から購入するため、販売手数料が掛からないもしくは、1パーセント以下の安い手数料で購入できるわけです。
IMG_6650
りんごで例えるとこんな感じで直接市場から買う為、その分安く買える。
また、投資信託は購入価格(取得価格)1日一回算出される基準価額で決められますが、ETFは市場が開いている時間ならリアルタイムで価格が決まります。
そこになんのメリットがあるかと言うと、投資信託で今日1万円の値段がついている商品に1万円分購入しますと、注文を出しても値段が決まるのは次の日の基準価額の為、場合によっては、9千円分しか買えない事になってしまいます。売却時も同じで受け取る利益が少なくなる場合があります。
ETFはそんな事はなく、市場が開いている時間内であれば、今1万円の値段がついている商品は1万円分買いますと注文すれば、1万円分購入できます(ただリアルタイムで随時価格が変わる為、若干誤差が発生する場合もあります)
もちろん売却時も同じで、表示されている売値で売却できます。
投資信託とETFの違いなんとなくでもいいので、理解して頂けましたでしょうか?

では、ETF現物トライオートETFの自動売買(マネーハッチ)どっちかで資産運用した場合どっちがより利益を上げられるか、考察してみましょう。

シミュレーション条件は、
投資方法
積立
積立金額
月々1万円
投資先
これでETF現物(0.1口から買い付け手数料や両替手数料はゼロとして現物で保有した場合のシミュレーション)と自動売買(レバレッジ1倍、1.5倍の2パターン)のパフォーマンスの違いを見てみましょう。
また、現物積立の分配金は再投資するものとし、ラップやロボアドバイザーなどの場合ですと年間報酬が1%程度かかるようですので、報酬を差し引いた額をベンチマークとしています。
結果はこの通りです。
IMG_6637
(画像出典:インヴァスト証券)
2008年3月から毎月1万円を積立投資した場合のシミュレーション
経​過年数  累計積立額   現物ETF積立  世界株ETF自動売買 世界株ETF自動売買1.5倍
1年 120,000円 75,634円 95,527円 82,279円
5年 600,000円 702,815円 731,958円 809,084円
 2017.6  1,110,000円 1,807,084円 1,673,401円 2,032,288円
開始1年目と5年目の節目の時は、現物ETFより自動売買の方多くの利益を生み出していますね!
2017年6月時点では、自動売買より現物ETFの方が利益を出していますが、グラフを見ていただければわかりますが、現物ETFに比べて、安定して資産を増やしている事がわかります。(グラフ上の線が上下に揺らいでない)いずれ現物を追い抜くでしょう!1.5倍側は、リスクを1.5倍高まりますが、その分多くの利益を得ている事がわかります。
このシミュレーション結果から、ETF現物より、自動売買売買の方がリスクが少なく、多くの利益を得る事ができる事がわかりました。
また、マネーハッチは、クレジットカード(インヴァストカード 紹介記事はこちら)買い物した際に発生するポイントを使った投資ができます。

投資に使う原資をカードのポイントから、ねん出できるため元手ゼロから投資を始めることができます。

よってつっちーさんは、トライオートETF(マネーハッチ)で自動売買をお勧めします。
トライオートETFを始めたい方は、
こちらから、申し込みできます。

トライオートETF

また、インヴァストカードに興味あるある方は、
こちらから、申し込みできます。

インヴァストカード