walletにクレジットカードやSuicaを登録する手順

※当ブログはPRを含みます※

こんにちは、今ローソンでiPhoneのwalletに登録したポンタカードを使うとポイントが2倍になるキャンペーンが行われていますが、さらにApplePayを使うとポイントが4倍になるキャンペーンが行われています。

でもApplePayを使うためには、walletにクレジットカードかSuicaを登録しなければ、なりません。

今日は、walletにクレジットカードやSuicaを登録する手順を記事にします。

FullSizeRender
用意するものは、
iPhone7以上のiPhoneシリーズ
クレジットカードもしくは、Suica
ステップ1
walletにカード情報を登録する
まず、walletアプリを開きます。
右上の「+」ボタンをタップします。FullSizeRender
続けるをタップ
FullSizeRender
ここで登録するカードを選びます。
クレジットカードなら→「クレジット/プリペイドカード」をタップ
Suicaなら→「Suica」をタップ

FullSizeRender
まずは、クレジットカードの登録をご説明いたしますね。(Suicaの方はこちらをタップ)
「クレジット/プリペイドカード」をタップする以下の画面のようにカメラが起動します。
白い枠内に入る様にクレジットカードを写します。
すると、自動的にカード番号が認識され次の画面に移動します。
IMG_6517
*この際うまく読み取りできない場合は、「カード情報を手動で入力」をタップしてクレジットカード番号を入力して下さい。
次にクレジットカードに印字されている、カードの名義をアルファベットの大文字で印字されている通りに入力していきます。
また、表示されているクレジットカード番号に誤りがないか確認もお願いします。

IMG_6521
入力が終わりましたら右上の「次へ」をタップ
クレジットカードの有効期限がカードと同じか確認します。問題がなければ、セキュリティコードを入力します。
セキュリティコードは大抵クレジットカードの裏面の署名欄右側にある3桁の数字です(XXXX 123で記載されている場合が多いです)

IMG_6519
入力が終わりましたら右上の「次へ」をタップ
利用規約が表示されますので、確認をし同意をタップして下さい。
問題がなければ以下の画面の様にカード追加中と表示されます。

IMG_6520
この後、QUICPayやIDといったロゴが表示されますので、右上の「次へ」をタップして下さい。
次はApple Pay利用時の支払いにこのカードを自動的に選択するかどうか問われます。
「自動で選択」を選ぶとローソンとかで「支払いはApple Payで」伝えた場合このカードから代金が支払われます
IMG_6522
選択しましたら、右上の「次へ」をタップ
このカード不正に登録されていないか確認する為、以下の方法で認証作業が必要となります
SMS・・・カード会社に登録されている携帯番号にショートメッセージを送ってもらい認証番号を受け取る方法、登録している電話番号が今使用しているiPhoneの物であれば、一番簡単でオススメです。
メール・・・これもカード会社に登録してあるメールアドレスに認証番号が送られます。
カード会社に電話・・・これはやったことがないのですが、登録してある電話番号から番号を通知した状態(普通に掛けた状態)で電話すると、音声案内で認証番号を教えてくれます。
IMG_6523
どれか1つを選択し右上の「次へ」をタップ
認証コードを取得したら、その番号を入力していきます。
SMSを選択するとショーメッセージ受信時に自動的に認証コードが入力されます。うん便利!

IMG_6524
これで、walletに支払い用のクレジットカードに登録が完了しました。
お疲れ様でした!
では、Suicaの登録方法です。
今回はチャージ式カードタイプのSuicaをiPhoneに移行する方法です。
(注意!カードを移行すると移行元カードは使用できなくなります)
IMG_6504
Suicaカードの裏にカード番号が記載されていますので、その下4桁(一番右側の数字4桁)を入力します。
またカードおもて面に名前等が記載されている場合は、生年月日を入力します。

IMG_6505
利用規約を確認し右下の「同意する」をタップ

IMG_6506
画面の表示通りにSuicaの上にiPhoneを載せます。

しばらくすると、iPhoneにSuicaカードの情報が移行されます。
これでwalletにSuicaが登録されました。
お疲れ様でした!

以上がwalletにクレジットカードやSuicaを登録する方法です。
ほとんどのコンビニはApple Pay対応しているので、
気軽に使ってみてください。
今度は、現金払いとクレジットカード払いどっちがお得?を記事にしてみたいです。